お笑い第一世代〜第七世代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

お笑い第七世代(平成生まれ世代)

霜降り明星せいやが、2018年12月22日深夜放送のラジオ番組霜降り明星のだましうち![10]で「次の年号の世代を『第七世代』と勝手に銘打ち、20代で区切って固まる」ことを提案したことによる。これは、当初は芸人に限った話では無く、同世代のYouTuberミュージシャン等とともにジャンルを超えて集まることの提言であった[11][12]。この時の「七」という数字は、せいやの思いつきによるものであり、「順番ではないんすよね。平成世代とか、なんでもよかった」「『ゆとり世代』 でもええわ」ということであった[13][12]。後にせいやは、「ちょっとそんなん(第七世代)があったらおもろいなってラジオで言ったらブワッと広がってしまって…。」と語っている[14]。さらに、「上の世代に勝とうとかじゃなくて、自分ら20代でしかできないお笑いがあるのではないか、そういう可能性を探る世代」としている[13]

ザ・マミィ

この時代の代表的な芸人

お笑い第六世代

2010年代に入ると、かつての『ボキャブラ天国』の凋落と同様に、2000年代のお笑い人気を支えたバラエティ番組やネタ見せ番組が慢性的な人気低下を抱えるようになる。いわゆる「テレビ離れ」の影響が示唆される中[6]、2010年の『M-1』の一時終了に始まり、やがてほとんどのお笑い番組が放送を終了した(もしくは定期の特番化)。また、BPOによる規制などテレビ局にコンプライアンスが求められるという時代の流れも相まり、ある意味でハラスメント的な性格を含むお笑いバラエティ番組への風当たりが強まったことで[6]、『めちゃ2イケてるッ!』『とんねるずのみなさんのおかげでした』といったかつてお笑いブームを牽引し長寿番組となっていた番組までもが相次いで放送を終了した。

どぶろっく

この時代の代表的な芸人

お笑い第五世代(2000年代のお笑いブーム)

ボキャブラブーム後お笑い界はしばらく冬の時代に突入。そんな中1999年にスタートした『爆笑オンエアバトル』(NHK)を始め、若手のお笑い芸人たちを発掘しようとする動きが起こり、その他にも2000年代中盤から『エンタの神様』(日本テレビ)、『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ)、『笑いの金メダル』(朝日放送)などいわゆる「ネタ見せ番組」が増え始める。また、2001年には島田紳助企画立案の結成10年以内のコンビを参加対象とした新たな漫才コンテスト『M-1グランプリ』(朝日放送)が立ち上がり、翌2002年からは1人芸を対象にした『R-1ぐらんぷり』(関西テレビ→カンテレ・フジテレビ共同)が、2008年からはコントのコンテスト『キングオブコント』(TBS)が開催されるなど、年に1度開催されるお笑いコンテストを生中継する番組が誕生した。

この時期になると吉本興業や太田プロといった老舗のみならず、数多くの芸能事務所からお笑いタレントが登場するようになった。その中にはサンミュージック企画ソニー・ミュージックアーティスツホリプロコム等従来お笑いタレントを手がけていなかった事務所も多数参入している。

この時代の代表的な芸人

お笑い第四世代(バラエティブーム)

ふかわりょう

1990年代に入ると、これまでのバラエティ番組人気の中心となっていたフジテレビに倣う形で、ターゲットおよび内容をサブカルチャー的観点に絞り込んだ多種多様なバラエティ番組が多く制作されることとなった[6]。その結果、バラエティ番組がお笑いブームの中心となる、「テレビっ子の時代」とも言うべきムーブメントが巻き起こったのである。

タモリのボキャブラ天国

視聴者投稿を元に作られていたテレビ番組『タモリのボキャブラ天国』(フジテレビ、タモリ司会)が、徐々にその性格を変えて「大勢の若手芸人がネタを競い合う番組」に変化すると、若い女性などを中心とする特定層の支持を集めたが、番組の人気凋落に伴い、ほとんどの出演者が次第に存在感自体をフェードアウトさせてゆく(つまるところ、しっかりとした下積み経験があったわけではない「ポッと出」の出演者が、視聴者のバブル人気に舞い上がっていただけであった。この現象はのちにも『爆笑オンエアバトル』や『エンタの神様』で繰り返されることになる)。この番組をきっかけに知名度を得た世代をお笑い第四世代と呼ぶことが多い[4]爆笑問題(厳密に言うと第四世代ではない)、ネプチューン、海砂利水魚(現:くりぃむしちゅー)などは、のちに各局で冠番組を持つことになる。

その他の出演者

ナインティナインとロケの多様化、同時代性[編集]

広告代理店やジャーナリズムによる造語「第四世代」という定義に厳密に合致していないが、ほぼ同時期のものとして、フジテレビ『とぶくすり』(のちの『めちゃ2モテたいッ!』→『めちゃ2イケてるッ!』)や日本テレビ『ぐるぐるナインティナイン』などがあり、これらの番組からナインティナインよゐこらが1993年頃から知名度を得た。これらに通底しているのはロケーション撮影(ロケ)の多用、そして同時代性である。

1990年代初頭に漫才スタイルがダウンタウンのもとで飽和に達し、それ以降の芸人やお笑い番組は違うスタイルを築きあげる必要にせまられた。その経済学的にいう(商品)差別化の中でたどり着いたのが、街に繰り出し現場や社会を笑いのネタにするというロケーションの手法であり、「リアル」を笑いにして視聴者を惹きつけるとともに、テレビに映る若者が参加しているという同場所性や、それを通して若者と同世代を生きているという同時代性が親近感を醸成し、ヨコの繋がりを生み出して、漫才やコントとは違う人気に結びついた。これらは、番組をテレビ局で撮ると先輩芸人に偶然会ってしまうという若手芸人の緊張や心理、当時抱いていた劣等感がそれを避ける形を求めたということにもある。

その結果、お笑い第二世代や第三世代の時代に全盛を極めたコント番組が減少し、コント番組以外でブレイクする芸人が出てきたのもこの世代からである。

この世代の代表的な芸人

爆笑問題ナインティナインキャイ〜ンよゐこフォークダンスDE成子坂雨上がり決死隊極楽とんぼFUJIWARA千原兄弟チュパチャップスバッファロー吾郎ジャリズム山田花子オアシズネプチューンくりぃむしちゅーココリコTIMTake2オセロロンドンブーツ1号2号DonDokoDonガレッジセール藤井隆U-turnふかわりょうビビる猿岩石など

お笑い第三世代

1980年後期から1990年初頭に、テレビの深夜番組を発端としたブーム。演芸ブームを「お笑い第一世代」、漫才ブームを「お笑い第二世代」と数えて「お笑い第三世代」と呼ばれた[4]

1980年代初頭にメディアを席巻した漫才ブームが、1982年頃を境に人気が低迷期に突入し、ブームに活躍した漫才師は、コンビ解消やピン活動などメディアの幅を拡大させていた。同時期、大阪・吉本興業は新人発掘を目的に、新人タレント養成所「吉本総合芸能学院」(通称:NSC)を開校。養成所からはダウンタウンハイヒールトミーズなどの漫才師が誕生するが、デビュー直後に全国的に認知されるまでに至らなかった。一方東京では、前記のブーム期に放送された「お笑いスター誕生!!」や各局のお笑いオーディション番組で活躍した山田邦子とんねるずを筆頭に頭角を現し、タモリ、明石家さんま、ビートたけしのビッグ3がテレビ界を独占している状態であった。

ハイヒール

1980年代中期、民放各局は深夜放送が急増、セミプロ・アマチュアのタレントの登場により、お笑いシーンに変化が訪れ、若手主体による小劇場やライブ・スペースが東西問わず数多く開催(主に心斎橋筋2丁目劇場ラ・ママ新人コント大会)され、旧来の師弟関係での定義が薄れ、タレント育成所・ライブ出身者になる新たな仕組みが生まれた。さらに演劇界では、演劇的な笑いを織り交ぜたシティボーイズを代表に新たなジャンルを切り開いた。メディアでは漫才ブーム〜ひょうきん族世代以降のタレントを「ニューウェーブ」や「新人類」と総評し、さらに民放各局が終日24時間放送を実施。深夜番組が一世代に比べて一層に拡大。 その後、後にお笑い第三世代の代表格とされるとんねるずがビッグ3の独占状態だったテレビ界に割って入り、前述の三者のお笑いは古いとまで言わしめた。その後、ダウンタウンウッチャンナンチャンも、とんねるずを追いかけるまでの人気を獲得した。この経緯によりとんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンがお笑い第三世代の代表格とされている。この3組の活躍とともに「楽しくなければテレビじゃない」を標榜し「軽チャー」路線を打ち出したフジテレビが多くのバラエティ番組を制作し人気を博した[5]。 この時代まではお笑い第二世代と同様、お笑い芸人がブレイクする番組のフォーマットは基本的にはコント番組がほとんどであった。

代表的なタレント

お笑い第二世代(MANZAIブーム)

1979年から1982年頃まで続いた、テレビの演芸番組を中心としたブーム。演芸ブームの後、コント55号(のちに萩本欽一)・ザ・ドリフターズの2強時代となり、総じて東京発のバラエティー番組がお笑いの主流を占めていた。上記2組の間隙を縫って、せんだみつお桂三枝(現・6代目文枝)伊東四朗小松政夫などが台頭してきたが、この手のバラエティー番組はほぼやり尽くされた感があり、全国ネットのテレビの笑いは一種の砂漠化現象となっていた。
一方、大阪では演芸ブーム以降WヤングコメディNo.1中田カウス・ボタンといった吉本興業の漫才師が台頭し、特に若者に人気の高かった中田カウス・ボタンを筆頭に笑いの潮流が吉本側に傾きつつあった。しかしながら、この傾向はまだ関西ローカルに止まっており、全国向けの関西の演芸は依然としてかしまし娘やレツゴー三匹などが起用され、松竹芸能の力が強かった(松竹でも笑福亭鶴光笑福亭鶴瓶などが登場してはいた)。

そんな1979年、澤田隆治横澤彪といったテレビマン達の手により、寄席演芸の色物(傍流)であった漫才がテレビのメインコンテンツに躍り出た。特にパワー溢れた当時の若手上方漫才師達は一躍時代の寵児となり、笑いが流行の最先端となった。吉本興業は関西止まりで燻っていた炎がこの時期一気に爆発した形となり、松竹芸能との形勢を逆転させて東京再進出の足がかりを築いた。また、一方言に過ぎなかった関西弁が漫才ブームの影響で全国的な知名度を得るなど、現在もその影響は大きい。

マギー司郎

東京においては小劇場やライブ・スペースを活動拠点にした笑いのストリームが生まれつつあった。この主体となったのは硬直した組織の活動に飽き足らないゲリラ集団であり、東京では傍流であったマセキ芸能社の意欲的な活動や三遊亭円丈の「新作落語」ムーブメントは見過ごせない。また自身でネタを構成する芸人や、深夜放送ハガキ職人出身の放送作家の増加に伴い、若者ウケのよいスピーディーで毒や刺激の強いお笑いが増える。また当時は若手の女性芸人が少なかったこともあり、芸歴で言えば後述のお笑い三世代に該当する山田邦子が新人ながらいきなりブレイクし、1つ上の第二世代に混じって台頭していくこととなる。この点、まだ大阪はテレビ局を軸としており興行資本の「小屋」への資本投下はまだ少し先の話となる。

お笑い第二世代の台頭は芸能界にも大きな影響を与え、それまで歌手や俳優と比べて低く見られていたお笑いタレントの地位が大きく飛躍することとなった。特にツービートから独立したビートたけしはラジオパーソナリティや俳優業、歌手活動や店舗プロデュースなど多岐に渡る活動を行い、今日に続くお笑いタレントの多角活動の先鞭をつけることとなった。

代表的なタレント

お笑い第一世代(演芸ブーム)

唄子・啓助

1962年頃から1969年頃まで続いた、テレビの演芸番組を中心としたブーム。景気後退の中、番組制作費が抑制された各局は制作コストがかからず視聴率が取れる演芸番組に傾斜。また、視聴者の側も不景気による沈滞ムードの中、テレビに笑いを求めていた。

喜劇映画の全盛

クレイジー・キャッツ

テレビ創成期にあっては、映画は、いまだ娯楽のメディアとしての優位性を誇っており、特に、カラーテレビの普及までは、手軽ではあるが、画像・音声で劣るものとの認識があった。テレビで人気が出たコメディアンも予算が豊富な映画を重視する傾向があり、クレージーキャッツなどは、ゴールデンウィークや年末といった時季に合わせ、シリーズものの大作喜劇を制作し、爆発的にヒットした。

詳しくは
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』をご覧ください。

PayPayをジャパンネット銀行で 便利だわ。

JNB

リアルタイムに出入金ができるし、手数料無料!
※銀行残高をコントロールできそう。

支払方法

お支払方法は2つ。登録したらすぐ使えるお金の管理が簡単PayPay残高へチャージ

  • 使いたい分だけ自分で管理
  • 原則、口座情報の入力だけでチャージ用口座に登録完了

かんたん登録すぐ使えるVisaデビットでのご利用

  • メールやアプリで利用状況を確認
  • クレジットカードと同じように使える
Visaデビット付キャッシュカード

登録方法

ジャパンネット銀行普通預金口座を既にお持ちの方

PayPayアプリをダウンロードのうえ、お支払方法を設定してください。PayPayアプリの詳細・ダウンロードはこちら

口座をお持ちでない方はこちら

PayPay残高へチャージ

  1. 1.PayPayアプリの「チャージ用の銀行口座を追加」を選択
  2. 2.支店名、口座番号などを入力して登録※

入力画面で支店名、口座番号などを入力※※ワンタイムパスワードの入力が必要な場合がございます

Visaデビットでのご利用

  1. 1.PayPayアプリの「クレジットカードの追加」を選択
  2. 2.カードを読み取り、またはデビット番号を入力して登録

カードを読み取るか、16桁のVisaデビットカード番号を入力

お買い物の流れ

口座に入金しておけば、買いたい時にすぐ使える。残高照会もアプリでかんたん。

  1. ジャパンネット銀行口座に入金するコンビニATMやその他提携ATMでご利用いただけます。ご利用いただけるATM
  2. お買い物をするお店のQRコードを読み取るか、アプリのバーコードをお店に提示することでお支払いができます。
  3. 残高を確認するお引き落とし時はメールで連絡
    残高確認アプリを使えばリアルタイムに残高がチェックできます。残高確認アプリ

いろいろな使い方

お得にご利用いただける方法をご紹介

Visaデビットとあわせて便利!

キャンペーン一覧を見る

<PayPay加盟店の方>

売上金を受け取る

よくあるご質問

キャッシュカード、トークンを紛失してしまった

PayPayのアプリでわからない点がある。

登録がエラーになるなど、お困りの場合は
PayPayのよくあるご質問をご覧ください。

詳しく見てみる

Quora

私は中学3年生で今いじめられています。いじめている奴ら全員にやり返したいです。どうすればいいですか?に回答しました。

「ヤクザ風スーツと黒塗りベンツで学校送迎」

というのはどうでしょう。
警察は事件にならないと動かないし、先生は相談に乗ってくれるけど解決はしてくれないし、いじめられるより恐ろしく思われた方がマシではないかと…

なので父親や大人の知人に依頼できるなら黒のスーツにサングラス黒いベンツ(BMWやレクサス等の高級車でもOK)で学校に送迎してもらうと「アイツはもしかしてヤクザに関係してるかも」学校の噂になり、いじめている奴らは近寄らないようになると思います。
ちなみにタクシー会社ではハイヤーに黒塗りの高級車で制服はスーツに着替えて運転する会社もあります。

ヤクザ風がいやならカスタムしたハーレー(ヘルスエンジェル風)直管マフラー爆音送迎という演出でもいいですね!

本人登場↑

ま、旧車會(暴走族)もありですね。

馬鹿らしい回答でしょうか?

https://qr.ae/TSV9Ds

ProjectorAD(プロジェクタ広告)

ProjectorAD(プロジェクタ広告)
道路に面して大きなガラス面のある会社やお店
夜間にプロジェクタを使って動画広告でPRしませんか?
液晶テレビに比べて格安で設置できます!

詳しくは、メッセージでお尋ねください。。

動画は照国神社の六月灯にPR広告したヤツです。

8月24日「かごしま錦江湾サマーナイト」付近のお店や会社とか、PRチャンスです!

Power Design Storeさんのサイトから素敵なiPhone保護ステッカー☆2010.11.22

勝手に過去記事をコピーしてます。削除します。ご連絡ください

https://isuta.jp/category/iphone/2010/11/73839

iPhoneをお持ちの皆様、いつまでも綺麗に愛用したいものですよね!?特にiPhoneはタッチパネルで画面もしっかり保護しておきたい!そんな思いの方に今回みつけた【Power Design Store】さんのサイトからユニークなフェイクステッカーとともご紹介します〜☆ iPhone女史のデザインで作って頂きました〜(/^▽^)/

さっそくユニークなフェイスステッカーをご紹介☆コンパクトカメラ風になるステッカー!

このフェイスステッカーに合わせてマット調のシートがセットに!テカリをおさえたフィルムで貼りやすくきれいに剥がれやすい保護フィルムです。ディスプレイ面、カメラ面、スチールバンド面(4分割)各1枚のセットです。大切なiPhone4をきちんと保護してくれますね☆

iPhone3やPRADA Phoneをお持ちの方もしっかり保護してまだまだ大切に愛用しましょう〜。

Macユーザーにお薦めはこちら↓↓ PCを大切に保護してくれるBodyMask。

それから、なんといってもこちら↓↓

可愛いでしょ〜O(≧▽≦)OiPhone女史オリジナルステッカー!ステッカーの素材は、塩ビ シート(マトリクス)で空気が入りにくくとても貼り易くノリも残りにくくなっています!今回のオリジナルプリントは100枚〜の注文になりますが、お値段も結構(^∇^)V、イベントごとや会社でのロゴなどサークルでお揃いを作ってみては!?ぜひこちらの【Power Design Store】さんのサイトをチェックしてみて下さいね☆

PowerDeign 過去のニュース

2003.06.04●U.S.A サイトOPEN
2003.05.15●iPod BodyMask 2003Model SelfDesign販売開始
2003.05.13●iPod BodyMask 2003Model Clear&Color販売開始
2003.03.17●トラックパッド及び、クリックボタン部に貼れるSelfDesign T.C発売開始!
2003.03.17●カード決済導入。
2003.03.05●ショッピングカート導入
2003.02.28●MacPeople2003/3.15号PowerBook G4 BodyMask Color掲載
2003.02.08●PowerBookG4 /12inch BodyMask新発売
2003.02.03●クリアタイプ発売開始に伴い、サイトリニューアルUP
2002.11.14●IBM ThinkPad X30ボディマスク発売開始
2002.10.12●Sony VAIO SRX7Sボディマスク発売開始
2002.10.12●MacPeople2002/11.1号iPodSelf Desgin BodyMask掲載
2002.10.01●Metal ColorBodyMask新発売
2002.08.09●New iPod用5G,10G,20G兼用のボディマスク発売開始
2002.07.13●MacPeople2002/8.1号iPodBodyMask DesignPrint掲載
2002.06.19●T-ZONE 取扱開始
2002.06.13●雑誌MacFan「マックな人」で’iPod Self Desgin BodyMask’登場!
2002.06.10●iPod BodyMask Design Print発売開始
2002.05.28●札幌 キュービック 取扱店開始
2002.05.24●秋葉館 取扱店開始
2002.05.17●iBook14.1Screenタイプ販売開始!
2002.03.23●札幌DEPOツクモ札幌駅前店にて’iPod BodyMask&Self DesginBodyMask’店頭販売2002.03.21●Macworld Tokyo 2002’iPod BodyMask’G4BodyMask’iBook FullSet 特別販売2002.03.12●アメリカ国内販売用初出荷!(もちろん英語パッケージ)
2002.03.10●PowerBook&iBook カラータイプ発売開始!
2002.03.10●Windows ノートパソコン(及びMacintosh G3pismo以降)の製作開始!
2002.03.03●アメリカ国内販売代理店 Aedon,Inc サイトUP
2002.03.02●UKファイナンシャルタイムズ発行雑誌に掲載!
2002.02.18●iPod BodyMask Color発売開始
2002.01.18●iPod SelfDesign BodyMask発売開始
2001.12.31●ジャパンネットバンク口座開設2001.12.24●iPodBodyMask 「Hanagara」限定発売
2001.12.17●MacPeople2002.1.1/1.15号iPodBodyMask掲載
2001.12.07●卸売初出荷
2001.11.25●iPodボディマスク新発売!!2001.11.20●年末年始キャンペーンプライス発表2001.09.10●販売価格変更いたしました。
2001.08.07●リンクページup!
2001.07.27●キーボードマスク新デザイン追加!!
2001.07.07●リニューアルup!
2001.05.06●MacPeople4.15号98pに掲載