IT コンサルタントorよろずや?

静止画撮影(ポートレート、ブツ撮り)、加工、編集、やアルバム制作(特にブライダル)
動画撮影編集(DVD)YouTubeアップや、、
FileMaker でデータベース開発したり、Illustrator、Photoshop が得意だったり。。
看板デザインしたり、現場施工したり、
自分の仕事って、何屋サンかな? こうゆうの ITコンサルタント みたいな、アナログ環境をデジタル環境にしたり。。

ITコンサルタントは基本的にクライアントから問題をヒアリングし、ITを駆使してその問題を解決する仕事を行います。

実際に問題をヒアリングした後には、基本的に戦略を立て、システム設計を行い、開発まで行う場合もあります。その為、コンサルタントと言ってもソースコードが書ける人がほとんどです。その為SEやプログラマからITコンサルタントに転職する人もいます。

また、問題解決まで全てに携わるだけではなく、IT戦略の立案だけであったり、システム構築のマネジメントだけなど、一部だけに関わる場合もあります。

どの場合でも共通しているのは、現在の問題点から課題を導き出し、それを解決しつつクライアントの要望を取り入れるような解決策にまで結びつけることです。その為、その問題に対する深い見識や、深いIT知識を必要とされます。

Tコンサルタントになるためには特別な資格は別に必要ありません。その為、新卒からITコンサル会社に就職する人もいます。

しかし、資格が必要なかったとしても必要とされる能力はあります。特に、SEやプログラマと違ってコンサルタントの場合には会社自体の大きな問題点に対しての解決策を求められます。その為、経営的観点であったり、膨大なデータから素早く課題を導き出す論理的思考、又、クライアントから適切に要望や不満をヒアリングするコミュニケーション能力も必要とされます。

それに加えて、その会社の業務に関する深い見識、さらには開発プロセスや設計の方法など、下流工程も理解していないとプロジェクトを進めることは難しいといえます。最近は特に専門コンサルティングファームが増えているため、それらの会社で競争に勝ち抜くためには個人としてもより高い専門性が必要であるといえます。

また、プロジェクトによっては膨大なデータを読み取り、それを解決するシステム構築までの一通りを全て行う場合があります。期日に加え、チームのマネジメントや、クライアントの要望など、様々な条件を満たすシステムを構築するのはかなり大変な作業です。その為、何よりも体力勝負な部分もあります。他の業種と比べてミーティングや、ヒアリングなどの機会も多くあるので、すぐに行動できるようなアクティブな精神の方のほうが向いているかと思います。

なんか。。難しそう。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です