FileMaker Server のためのOS Xのファイアウォール設定


OS X に FileMaker Server をインストールすると、外部からの接続が許可されるように自動的にファイアウォールが設定されるため、特別な操作は不要です。手動で FileMaker Server がファイアウォールを通過できるように設定するには:

  1. アップルメニューから[システム環境設定]-[セキュリティとプライバシー]を選択します。
  2. 左下隅の鍵アイコンをクリックし、[セキュリティとプライバシー]環境設定のロックを解除します。
  3. [ファイアウォール]タブを選択します。
  4. [ファイアウォールオプション…]をクリックします。
  5. プラス[+]ボタンをクリックし、リストに次のプロセスを追加します。(FileMaker Server および FileMaker Server Advanced のプロセスとサービスを参照)
    • fmsased
    • fmscwpc
    • fmserver_helperd
    • fmserverd
    • fmsgetpasskey
    • fmsib
    • fmxdbc_listener
  6. これらのプロセスのそれぞれに、「外部からの接続を許可」するよう設定します。

備考:fmscwpcは、「/Library/FileMaker Server/Web Publishing/publishing-engine/cwpc/bin/」に保存されていますが、これ以外のプロセスは、すべて「/Library/FileMaker Server/Database Server/bin/」に保存されています。

製品

  • FileMaker Server
  •   All Versions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です